コピー機をリースで購入するメリットを分かりやすく解説!

オフィス設備の充実化

手

購入よりも良い点とは

オフィスで使用するコピー機の価格は安価なもので30000円、様々な機能を搭載した複合機の場合は20万円〜40万円ほどが相場となっています。そんなに安い値段では購入できないコピー機だからこそ「一度に複数台揃えたい」「ある程度の性能がほしいが、予算が限られてしまう」といった問題もあるでしょう。こうした悩みを解決してくれるのはコピー機のリースです。リースというのはレンタルと似た制度で、決められた料金を支払えば、購入するよりも安価な価格で利用できるという便利なサービスがあります。リースのメリットとしてはやはり出費を抑えられるという点、実際に購入するとなると本体費用に加えて保険料や税金の支払いが発生します。ですが、リースであれば使用料金の支払いだけで済むため、イニシャルコストとしては最小限で済むというわけです。リースのメリットは他にもあります、レンタルよりも選べる機種が多く、自分達の会社や業務に合わせて選べるため、無駄な機能を省くことも必要な機能を確保することも容易です。ちなみに、リースのコピー機ならメンテナンスや廃棄処理といったことを業者に一任できるため、それもメリットのひとつと言えます。もちろんリースで長期に使い続けた場合、購入したほうが支払料金が抑えられるというケースもありますが、あくまで長期の使用だけのケースです。さまざまな機械、多様なコピー機を試せるということ、初期費用を抑えられるということ、煩雑な事務手続きをなくせるというのはおおきなメリットと言えるでしょう。

レディ

いつでも使える状態を維持

高価なインカムを購入して使用するのは、コストが大きくなりますが、レンタルすれば安く高性能な端末を現場で使用することができます。レンタルならばメンテナンスの負担もなく、同じ端末を使用すれば、使い方を新たに学ばずにすぐに現場で使えます。

トナー

確実に手に入れるには

手に入れるのが難しいのが東芝の純正トナーです。そんな東芝の純正トナーを確実に手に入れたいという方に人気が高いのがトナー専門店です。専門店ならではの豊富な知識と大きなルートで安く購入できます。もちろん、梱包はとても頑丈です。

複合機

保証と保守が大切

中古複合機業者を選ぶ際に重視したいのが保証と保守です。中古の場合、メーカー保証は効かないので中古業者独自の保証を提供している業者を選ぶと安心と言えます。また、保守契約を結ぶ事が出来る業者もあるので安心して日頃利用できる様に保守サービスを提供している業者を選ぶ様にしましょう。